見た目42歳のブログ

見た目で年を取らない方法

見た目で年を取らない方法 3

4月20日、今年はもう初夏のような陽気で、紫外線が強いですね。

食事と紫外線対策が必須です。40歳を過ぎている方は・・・特にね・・。

 

先日、試しにアマゾンで、サンバイザーを買ってみました。

100円ショップのサンバイザーも役に立ちますが、こちらは、お顔丸ごと

隠すタイプのものです。2000円でした。

f:id:tomotomosha23:20170420135437j:plain

100円ショップのものも100円のわりに優れものですが、こちらは、フィルムが厚く、やや重い印象です。しかし、全面顔が隠れるという利点があります。

でも、ちょっとばかり、このサンバイザーを身に着けていると恥ずかしさもあります。

どちらにしても顔が見えないので、恥ずかしながらも、顔を見られないという利点はあります。欠点としては、外した時にややかさばるかな?

 

f:id:tomotomosha23:20170420141221j:plain

恥ずかしいと言えば、これは、完璧防光マスクですが、付け心地はかなり良いですが、外でこれをつけて歩くと、じろじろ見られることは覚悟してくださいね。

けど、紫外線対策にはGoodな商品だと思いました!

ベランダでのお洗濯干しや、草取りなどには良いですね!

へたをすると、強盗と間違えられないか? と黒ずくめですと心配ですが・・・

しかし、白いマスクの上にこの黒いマスクをするとなかなか良いです。

 

ちなみに、わたしもこのようなものを買ったのは初めてです。今までは、つばひろの帽子にサングラスか日傘程度です。

以前、住んでいたマンションに、紫外線アレルギーの方が居て、夏は完全防御のこんな感じでしたので、ある時、素顔に出会って、挨拶されても、どなたか分からなかったことがありました。(笑)

ちょっと大げさですが、最近はアイディアグッズがいっぱいです~♪

それでは、皆様、本日も良い火を~♪

 

 

 

 

 

 

見た目で年を取らない方法 2

f:id:tomotomosha23:20170415014605j:plain

 

見た目で年を取らない方法・・・・といって、私がある時期から気を付けていたことは

強い日差しに当たらないようにすることですなので、帽子をかぶるとか、日傘をさすとか、それをこまめにすると、案外違ってきます。しかし、やっぱり油断するときがあるのですね・・・すると、後で、しまった・・・・となります。

 

最近、私は、ビタミン剤を飲んでいませんが、長い間飲んでいました。お気に入りのものが最近売っていないのです。長らく飲んでいたのが、ユンケルのビタミンCEの顆粒でした。最近はドラッグストアに売っていなくて・・・つい飲み忘れています。

けど、飲んでいた時の方が肌が白かったですね。やはり、飲んでいないと陽に焼けやすいです。

友人などで、若いころにスキーに良くいかれていた方は、肌が痛むのが早いようです。

登山やサーフィンなども。40代まではなんとか回復するのですが、40代後半からは、日差しには注意が必要です。けれども、エステなど行って、そのたびにお手入れされている方は、お綺麗かもしれませんが・・・。

 

私の場合は兎に角年を取りたくない・・・とその思いが強かったと申しましょうか。

しかし、子育てをしていると、おばさん化してくる時期もありました。

家事だけをやっていると、どうしても、外目を気にしなくなるので、やはり、少しでも働きに出るか、習い事をしたりと外に出ると、おしゃれもするし、刺激もあるし、良いことが多いですね。

 

実は、外に出る時の、日差しは、老化にとっては、一番の難敵なのです。さまざまな要因が老化にはありますが、自分の体験でも証明済みです。わたしは、40代の初めごろ、朝、1時間半を掛けて車で仕事に出勤していました。その運転席の右側から太陽の日差しが入り込んできて、一時間半の道のりを運転したものですから、右の側頭のおでこが左に比べて皺になりやすいのです。弾力が失われている感じがします。

日光によるダメージは蓄積されますので、なるべく帽子をかぶりダメージを作らないことが重要だと思います。女性の場合は特にですね。これを書いていて、そうそう、ビタミン買わなきゃと思い始めています。

それでは、今日はこのへんで。私がなぜこんなことをブログで書こうと思ったかというと、たまに、お手入れはどうしているの?と聞かれることが多かったからなんです。最近はズボラで、夜中まで化粧は落とさないし、余りにも疲れているときは、化粧したまま寝てしまうこともありましたし・・・けど、まあ、年齢よりは10歳くらい若く見えるということを考えると、知りたい方には教えて差し上げようかな?と思いました。

 

それでは、本日もありがとうございました。(イラストも私の描いたもの)

 

 

 

 

 

 

見た目で年を取らない方法 1

昨日から、はてなブログを始めました。わたしの名前は、はなむらみはと申します。

私は、以前は小説を書いていました。それは、またの機会に書くとして、

私は、若いころから年を取りたくないなぁと想っていたのです。

だからと言って、エステなどは、高いですよね、なので、顔のエステは一度しか

行ったことがありません。基本的に、人に顔を触られるのが嫌なのです。

なるべくなら、お金を掛けずに、老化を抑える方法はないものだろうか?

と、頭の隅に常にあったのです。

というのは、何故、10代の若者は10代に見え、50,60代の中年はそのように見えるのだろうか?と若いころから不思議に思っていたからです。

 

そのうちに、自分自身がそのような年齢になり、時々なのですが40代~50代の頃、買い物にデパートなどに行くと、「お肌がキレイですネ!」と、20代、30代の方に声を掛けられることが多かったのです。

それで、その方のお顔を見ると、ニキビが出来ていたり、肌荒れをしていたりでした。

それで、ほんの少しのアドバイスをしてあげました。

人参食べてる?毎日、「ニンジン」や「かぼちゃ」を食べるといいのよ。

石鹸はバーナルがいいわよ。私は緑の石鹸だけですが・・。あそこでは白い石鹸も勧められてダブル洗顔なのです。しかし、私はアレルギーがあり、白い石鹸は自分の肌に合わないのです。それで、メイク落としは、DHCのクレンジングオイルを現在は使っています。化粧水は、アルビオンのスキンコンディショナーを長年使っていました。これは非常に良かったです。けれど、最近は浮気をして、オールインワン時代なので、オールインワンのジェルを使って試しています。なので、化粧水を使っていません。本当は使った方が良いのでは? と思いつつですが・・・。

 

さて、私も、60歳を過ぎて、身体の変化と共に、多少シミやくすみなども出来るようになりました。なので、今年62歳になる肌が完璧に透き通るように美しいと言うわけではありません。ただ、先日まで女性の多い職場でアルバイトをしていたのですが、人によってお肌はかなりの個人差があり、私の肌は随分若いようだ、と思ったことです。

年よりも若く見られて、年下の方から、「○○さん、お幾つ?と聞かれ」応えると彼女の方が老けて見えるので、ちょっと気まずい感じになってしまったことがありました。

勿論、自分では以前より、衰えてきたと思っていますので、自分自身をキレイだと自慢できるものではありませんが・・・

中には、生活環境からかなり酷いお肌の方も見受けられました。仕事はオフィスでの仕事でしたので、肌を酷使するような仕事ではありませんでしたが、どういったことで年齢とともに差がでるのかとうことは、多少思いつくことがあります。

 

お肌に影響を与えるものは、食事と、日光と、化粧品です。それに付け加えるならば、

生活のハリや、運動、お洒落でしょうか?

 

そこで、やはり、食事と日光と化粧品、この三点セットが重要だということです。

本日はそんなところで。 北朝鮮の情勢が気になりますね・・・

f:id:tomotomosha23:20170412152517j:plain

 

 

見た目で年を取らない方法

女性と言うのは、見た目が若く見えるというのに案外敏感です。

近年、アンチエイジングもうたわれてきましたし、化粧品も、如何に若く輝いて見えるか?で売れ行が違ってきます。

そこで、女性なら誰しも、関心のある若さを保つ方法を、化粧品、食事、精神的なもの、教養、ダイエットなどに絞って記事を書いていきたいと思います。

現在、わたしは、61歳です。徐々に若さが失われてゆく年齢でありながら、10歳以上若く見られることもしばしばです。

昨日は、40代ですか?と70歳くらいのバスで同席した女性の方に言われました。

大抵は10歳くらいでしょうか?マイナス年齢で見られるのは。たまに、20歳マイナス年齢に見られることもある、と言う感じかな?

このブログでは、美しくなるためのものではありません。ただ、顔が荒れている方、ニキビが酷い方、たるみで老けて見える方には朗報です。結果的に、美しくなります。

化粧品は美しく装うためのものですが、わたしの場合は、すこし違った考え方をしています。

それは、基本的に、如何に老化を抑えるか? と言う考え方を昔からしていたことです。

昔から?というのは、40歳を過ぎたころに、それまで、お風呂場の石鹸で顔を洗い、化粧水しかつけていなかった顔が、小さなニキビが出来はじめて・・・それを何とかしたいと思い始めたのが切っ掛けでした。ホルモンのバランスが崩れたのですね、多分。

実は、女性にとって、年齢と共に老けてゆく方と、若さをいつまでも保つ方の分かれ道は、42歳と言われています。ですので、わたしのブログは、40歳~70歳くらいまでの方を対象に書こうと思います。

若く見せようと、10代の少女が着るようなミニスカートや、それらしいファッションですと、傍から見て、違和感しかありません。やや若い格好は賛成です!

中には、ミニスカートもカッコよく着ていらっしゃる方もいますしね!

しかし、このブログでは、あくまでも、自分らしさを失わずに、若さを保ち続ける方法を伝授したいと思います。

☆ まず、大事なことは、洗顔です。

 

 私はアレルギー体質なので、何でも合うというわけではないので、いくつかの

ものを使って試しました。丁度、同じ職場で同じ洗顔石鹸を使っている方の肌が大変綺麗だったので、私も、40代からその石鹸を使い始めました。それは何かというと?・・

それは、明日ご紹介しましょう。

 

 皆さんに愛されるブログにしたいと思っています。

 では、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

<a href="http://f.hatena.ne.jp/tomotomosha23/20170411224437"><img src="http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tomotomosha23/20170411/20170411224437.jpg" alt="カフェにて"></a>

 1年前満60歳の時の写真。たまたまカフェで知り合った、写真好きの友人のおじさんが芝居のお手伝いをして終わった後に撮影してくれた写真です。